前へ
次へ

損害賠償はどのように決まるのか

損害賠償というのは法律というよりは裁判などで判決が出されて決まるということもありますし、お互いに話し合って決めるということもあります。
これに関しては自由に決めることが一般的には可能です。
つまりは、相場は50万円くらいではあるが200万円支払うということもあるわけです。
そうしたことがありますから、それなりに理由があったりする部分があるわけです。
相場と違うということには理由があります。
具体的にどうして相場以上の損害賠償金を支払うのかということなのですが被害届を取り下げてもらったりとか、確実に刑事事件にはなるにしてもあまり重い罪を望むわけではありませんというような嘆願書を出してもらったりとかそういうことを条件に多くの損害賠償金を支払うということがそんなに珍しいことではないです。

問診票データ 入力

喫茶店のロケ撮影のご相談はこちらへ

https://hermitclub.net/category/izakaya/
ロケーション撮影の場所探しにお困りならこちらへ

https://ekubox-osaka.com/pack/
エクボックス大阪の会社案内作成プランはこちらからご確認ください

また、そういうことがそんなにあるわけではないのですが、何も自分で必ず損害賠償のお金を払わなければならないというわけではないです。
親が代わりに出すということもありまし、例えば交通事故などであれば保険などで賄うということになるわけですから保険料を支払っていたということは確かでしょうが、別に自分の貯金から出すというわけではないという形での支払いもあったりします。
金額を決めるということの交渉がそれなりに長引くということもあるので一概に何とも言えないのですが通常は話し合いで決めたりしてそれが駄目の場合は裁判所に持ち込むということもあります。
この場合、必ず弁護士にお願いしなければならないというわけでもないので自分で話し合いをして自分で話を進めていくということも可能ではあります。
法律的にそれが許されていないというわけではないです。
また、支払いをキチンしたからといって罪が免責されるということでもないです。
特に交通事故で人を死なせてしまった場合などには幾ら支払いをしても別に交通刑務所に行くことが免責されるといったようなことはないわけで。

Page Top