前へ
次へ

損害賠償で受け取れるのは実費だけではない

損害賠償を請求するときには実費しか受け取れないのではないかと誤解している人もいます。
例えば、足を骨折させられてしまったときに必要になった治療費とタクシー代などの交通費といったお金は損害賠償請求できるのは確かで、明らかに加害者側の過失によって怪我をしたのであれば全額を受け取ることが可能です。
ただ、このようなケースで受け取れる金額はそれよりも高くなるのが一般的です。
これは損害賠償の対象になるのが治療に関わる実費だけではなく、その間に働けなかったことへの補償、精神的な苦痛を受けたことへの補償なども含むからです。
このような補償はいくらにすべきかを算出するのが難しいため、加害者との交渉のときにもかなりもめることになってしまいがちです。
ただ、示談や裁判での事例からどの程度が妥当な金額かについてのガイドラインはあるので、最終的にはその水準でお金を受け取れるでしょう。
大した治療費ではなかったから構わないと思わず、請求してみるのが大切なのです。

Page Top