前へ
次へ

損害賠償請求は弁護士に依頼しよう

他人にものを壊されてしまったり、怪我を負わせられてしまったりしたときには損害賠償を請求して修理費や治療費を手に入れることが可能です。
損害賠償請求は当事者間で行うこともできますが、特に金額が大きくなる場合や各種保険を利用して加害者が支払いをするときには弁護士を雇って示談に持ち込むのが重要になります。
保険を利用するケースでは保険会社が代理人になって損害賠償についての相談に応じてくれる形になるのが通例です。
保険会社としてはいかに支払額を少なくするかが重要になるため、いわば素人の個人と直接交渉できるときには必死に金額を下げようとする傾向があります。
そのため、請求できる金額がかなり少なくなってしまうリスクがあるのです。
しかし、弁護士に依頼すればこのような問題が発生することはありません。
適切な金額の請求をしても応じてもらえない場合には裁判に持ち込んでもらうこともできるので、積極的に損害賠償請求に活用しましょう。

Page Top